MENU

ここに缶がある。
置いてあるのか? 置き忘れか? …まさか、捨てられたのか?

人はこれをポイ捨てと呼ぶ。

「捨てられた」のか「写真を撮るために置いているだけ」なのか。
”本人”しか、わからない。

それに、その”本人”とは、
ここに住んでいる人か、ここで働いている人か、
ここを訪れた国内観光客なのか、国外観光客なのか。
誰も分からない。

どのごみが、一番始めに捨てられた?

どれが一番かは、わからない。
でも、「どれか」があったから、次の「どれか」が生まれた。

1つのごみが落ちていたら、その横はごみをすてやすい。
1つが2つに、2つが3つに。

観光地では、異なる目的(住むと観る)、異なる文化(他府県並びに国外からの訪問)が共存する空間です。

さらに、多くの観光客に恵まれると、オーバーキャパシティになることもあります。

ゴミ問題だけではありません。観光地では、いろんな問題が起こりやすいのです。

だからこそ、一人一人が、相手の立場や事情、さらには文化を理解し、寄り添っていくことが必要だと考えています。

私たちは、寄り添いのきっかけ作りを通して、人と人、人とモノ、人と地の交流に寄り添いある世界を目指します。